1924年創業。フルーツマイスター厳選。選び抜いた極上フルーツを1番美味しい時に。

  • 法人のお客様へ
  • 会員登録
  • メールマガジン
  • ログイン
【重要なお知らせ】「福袋2020(ジュースチケット)」有効期間の変更について
 
 

PICK UP

HIT ITEM

Ranking

青木商店について

フルーツを通じて、 人々の心をより豊かに、体をより健やかに・・・

img
青木商店の初代・青木松吉が、福島県郡山市の郡山駅前にバナナ加工・卸売業青木商店を開業した1924年( 大正13年)当時、フルーツは、とても希少で贅沢なものでした。

あれから1世紀近くが過ぎた今、フルーツは必ずしも贅沢なものではありません。しかし、人々がフルーツを口に運ぶときの微笑みは、昔も今も変わらないものです。

株式会社青木商店は、自らの社業を爛侫襦璽鎚顕汁和ご覿鉢 と位置づけ、フルーツを通じて、より多くの人々に「おいしさ」と「健康」を享受していただくことを使命と考えています。 「フルーツを通じて、人々の心をより豊かに、体をより健やかにしたい」―それは、創業のときから変わらない青木商店の願いです。

フルーツをおいしく召し上がっていただくためには、フルーツそのものの品質や鮮度とともに、徹底した熟度の管理が必要なのですが、それこそがフルーツ専門店である私たちの役目だと考えています。

そして、フルーツそれぞれの品質と鮮度を見極め、最も望ましい環境と方法で管理し、" 適熟" を見定めて提供する―それができるのは、今も機械やコンピュータではなく、人なのです。