1924年創業。フルーツマイスター厳選。選び抜いた極上フルーツを1番美味しい時に。

  • 法人のお客様へ
  • 会員登録
  • メールマガジン
  • ログイン
【重要なお知らせ】「福袋2020(ジュースチケット)」有効期間の変更について
 
 

山形県産さくらんぼ

毎朝山形県天童市から入荷した最高級さくらんぼをお送りしております

  • 包装・手提げ袋

    御自宅用以外の全ての商品をギフト包装にてお届けしております。
    また手提袋をご用意しておりますので、ご入用の際には「備考欄」にご記入ください。
    箱サイズによっては風呂敷をお付けいたします。
  • のし紙・お名前入れサービス

    ご要望の表書きに応じてのし紙若しくは掛紙をお付けいたします。ご注文の際、 のし選択欄よりご希望の表書きをお選び下さい。
    のし下にお名前入れをご希望の場合、また、のし選択欄にご希望の表書きがなかった場合は、「備考欄」にご記入ください。
    ※連名や振り仮名もお承り致します。
  • メッセージカードサービス

    当店オリジナルメッセージカードを用意しております。
    ご注文の際、「備考欄」からメッセージ内容をご入力ください。
    尚、メッセージカードの仕上がりを送信いたします。

山形県産さくらんぼ

全7件

  • (山々に囲まれた山形県天童市)
  • 最高級さくらんぼが実る、山形県天童市
    さくらんぼの木には寒い冬を越すことで実を結ぶ「休眠」という性質があるため、東北地方はさくらんぼ栽培に適しているといわれます。
    さくらんぼは「強風で倒れやすい」「雨に濡れると裂果しやすい」など、非常にデリケートな果物ですが、山形県天童市は山形盆地の中央に位置するため、台風でも強い風が吹きにくく梅雨の時期でも降雨量が少ないことなどから、さくらんぼ栽培に非常に適した土地なのです。
    先代から60年以上受け継がれるこの土地で匠・黒沼氏はさくらんぼ栽培を続けています。
  • (収穫を待つさくらんぼたち)
  • 3つのこだわりから生まれる絶品さくらんぼ
    フルーツショップ青木の店舗でも絶大な人気を誇る黒沼氏のさくらんぼ。
    ひと口食べてみて、その美味しさに驚く方が多くいらっしゃいます。
    パリッとハリのある食感とジューシーな果肉。
    そして口の中に残る甘さと香りの余韻――。
    この味、このコクは匠しか作り上げることが出来ないとマイスターは言いますが、そこには黒沼氏の3つのこだわりがあったのです。
  • (生き生きと育つ佐藤錦 黒沼さんの土へのこだわりが垣間見えます)
  • 土へのこだわり
    毎年、黒沼氏は目視で樹の状態を見極めていますが、目視ではどうしても見極められない部分があります。
    それは土の性質です。時間の経過とともに変化し続ける土。
    黒沼氏は専門家へ分析を依頼して、土の状態を把握し、分析結果を元に肥料を選び、不足を補いつつ超過分は控えるといった土作りを行います。
    このようにより良い土づくりを続けることがさくらんぼの高い糖度とバランスの良い酸度に繋がっているのです。
  • (左上 色付く前のさくらんぼ 日の光によって赤く色付きます
     右下 摘葉作業 慎重に行われます)
  • 日光へのこだわり
    さくらんぼは直射日光に当たることであの真っ赤な色へと色付いていきます。
    しかし日に当たり続けると人間と同じで火膨れ(火傷)してしまい、実も引き締まらず全くハリの無いさくらんぼになってしまいます。
    匠は長年の経験から“毎日1〜2時間程度日に当たる”ような摘葉を心がけています。
    また、あえて樹を低くして、果実が光を浴びやすく適度に日陰が作られるような設計にしているそうです。
    日光は大事ですが当たりすぎないようにすることで、徐々に美しく色づき、ハリのある食感も生まれるのだと匠は言います。
  • (色付く前のさくらんぼ 日の光によって赤く色付きます)
  • (摘葉作業 慎重に行われます)
  • 日光へのこだわり
    さくらんぼは直射日光に当たることであの真っ赤な色へと色付いていきます。
    しかし日に当たり続けると人間と同じで火膨れ(火傷)してしまい、実も引き締まらず全くハリの無いさくらんぼになってしまいます。
    匠は長年の経験から“毎日1〜2時間程度日に当たる”ような摘葉を心がけています。
    また、あえて樹を低くして、果実が光を浴びやすく適度に日陰が作られるような設計にしているそうです。
    日光は大事ですが当たりすぎないようにすることで、徐々に美しく色づき、ハリのある食感も生まれるのだと匠は言います。
  • (立ち枝になる紅秀峰 立ち枝は生命力のある元気な枝だと言います)
  • 剪定へのこだわり
    剪定とは味を一定にするため、余計な枝を切って栄養を分散させないようにする作業です。
    匠がさくらんぼ栽培の中で特に重要視している作業が「剪定」で、どの枝を切り落とすかで、葉の付き方や光の入り方が決まってきます。
    また、2〜3年後まで先を見据えて剪定を行います。
    毎年同じ枝を利用していると枝が劣化し実の味が落ちてしまうため、元気な枝を見極め、古い枝を切り落とすことで上質なさくらんぼが育つのです。
  • お届け希望日に関する注意点
    さくらんぼは全品お届け希望日のご指定ができないことご承知ください。 さくらんぼはとても気候に左右されやすいので収穫する時期が毎年違います。
    入荷状況をみてお届けいたしますので日付の指定を受けることができません。