Aoki Fruits Online|厳選フルーツ・ギフト専門店
商品一覧
コンテンツ
ユーザー
天使音マスクメロン
13,600円(税込)
27 ポイント還元
同封物のご案内
  • 天使音マスクメロンブランドリーフレット、食べごろをお知らせするタグをお付けいたします。
    タグにはお好みに応じてお召し上げるよう”かため・スタッフオススメ・やわらかめ”の日付が記載されております。
商品詳細
  • 商品名天使音マスクメロン グラン・ベベ 900g前後
  • 商品内容 天使音マスクメロン 1個
     1個あたり900g前後
  • 産地 天使音マスクメロン
     静岡産
  • 総重量1.1kg前後
  • 化粧箱
    サイズ
    縦22cm×横20cm×高さ18cm
  • 発送形態常温便
  • サービス・当店専用化粧箱にギフト包装にてお届けいたします。
    のし紙、メッセージカードをご希望される際はカート内申込フォームにてご入力ください。
  • 注意事項
    /その他
    ・重さについてはあくまで目安となりますので予めご了承願います。
    ・生ものですのでお早め(到着後1週間以内)にお召し上がり下さい。
    ・到着後は常温にて保存ください。


商品のご案内
  • マスクメロンの一大生産地の静岡県。
    その静岡県で、現状のメロン作りに疑問を持ち、美味しさを追求したメロンを創りたいとの想いから、組合を脱退してまでメロン栽培の研究を重ねていたのが、影山雅也さんでした。

    影山さんは研究を進める中で、香り、味ともに極上とされていたにも係わらず、サイズが小ぶりである事や網目があまり美しくないという見た目の理由で、栽培が途絶えてしまった種(Hero of Lockinge系統)が静岡大学農学部に保存されている事を知りました。
  • その系統の種をベースに研究を重ね、これにより緑肉系(アールスフェボリット)のメロンと掛け合わせること、さらに数々の試行錯誤から独自の生産技術を開発。影山さんの妥協無き追求の結果、お互いの種の魅力を最大限に併せ持つ新しいマスクメロンを創り出すことに成功しました。
規格外れの極上の味ながら、網目が美しくないという理由で世に出なかった幻の逸品が、30年の時を経て復活したその実が「天使音マスクメロン」なのです。
天使音マスクメロンの母親は、白肉系のメロンHero of Lockinge(ヒーローオブロッキンジ)という種。
この種は、昭和28年エリザベス女王の戴冠式の折、秩父宮妃殿下の命により、麻生和子夫人(吉田首相の息女)が10年の歳月を掛けイギリスより持ち帰った種の一つです。

Hero of Lockingeは、とても小さなメロンで、香り高く、クリーミーな肉質と爽やかな甘味が特徴とされます。
そのHero of Lockingeと緑肉系(アールスフェボリット)両方の良いところを最大限に併せ持って生まれた、全く新しいマスクメロンが「天使音マスクメロン」なのです。
Hero of Lockingeとは
1806年創設の英国の種苗会社「サットン社」により1881年に導入されました。 このサットン社は、ビクトリア女王時代の1858年から現在まで英国王室御用達の栄を受けています。 名前の由来は、英国赤十字社の創設者のウォンテジ卿によりロッキンジ公園で発見されたことから、彼にちなんで命名されました。 サットン社のメロンの中でも最高級のメロンと称され、1995年までナショナルリストに掲載されていました。 ペルシャ系の白肉種のメロンで、丸くて小さい500gほどのメロンですが、肉質はとてもクリーミーで香りが高く上品な甘味が特徴です。
美味しさの理由
  • 天使音マスクメロンは、特許取得技術の特殊な技術で栽培されています。
    完熟収穫を行なう過程で、特殊な処方で水分ストレスを与え果肉に濃厚な味と香りを凝縮していく技術です。
    収穫が近付くにつれてメロンの根を数本残し、その状態で数日の見極めを行ないます。
    さらに再度収穫までに水分ストレスを与え続けぎりぎりのタイミングで収穫します。
    この方法により、糖度は通常の完熟収穫よりも1度以上高くなり、メロンの主要な香気成分が一般的な温室メロンの数十倍になります。
完熟マスクメロン
通常メロンは、種の周りなど一定の糖度基準を満たした時点で収穫されますが、天音マスクメロンは一部分だけでなく皮際など果肉全体に糖度がのるまで木にならせてから収穫されます。
ただし、木にならせばならすほど甘くなるわけではなく、ならせすぎると今度は糖がアルコール化し味が落ちてしまうため、その直前の最も果肉全体に糖度がのった時点で収穫しており、これを完熟といいます。
生産者からのメッセージ
ヒノン農業株式会社 代表 影山雅也さん
  • 私自身もともと温室メロンの生産農家でした。しかし現在流通しているマスクメロンは、果物の王様を歌い、贈り物の最高級品として「芸術品のような美しさ」を競うものとなっていまい、いつしか最も大切な「味」と「香り」を疎かにしてきました。
    自分にできることは何かを自問自答してたどりついた答えが「芸術品ではない、本当に『美味しさ』だけを追求した究極のメロンを創ろう」という思いでした。見た目を最重視するために使用されてきた植物成長調整剤は一切使用しない。1個1個完熟を見極め独自のスタイルで収穫する。
    こうして完成したのが、完熟マスクメロン『天使音』です。生産数は非常に限られてしまいますが素晴らしい逸品となっています。
  • 「天使音=あまね」という名前には、天使からの贈り物という意味が込められています。
    なぜなら、この究極のマスクメロンのもつ上品な香り、甘さ、口どけには、人を癒し、幸せにする力があると信じているからです。
    そして私たちにはその幸せを常に暮らしの中に取り入れて頂きたいという思いがあります。
    そのため私たちは常に幸せを感じるメロンを時代や環境に左右されずに作りつづけ、皆様にお届けし続ける事がもっとも大切だと思います。
この商品を購入する