Aoki Fruits Online|厳選フルーツ・ギフト専門店
商品一覧
選べる詰め合わせ
コンテンツ
ユーザー

福島産 桃

福島から甘い香りを
お届けします!!

福島では盆地特有の夏の気候条件と、阿武隈川流域の肥沃な土壌が揃っていおり、甘くて美味しい桃が育ちます。7月中旬から9月下旬まで時期が異なって収穫されます。

丹精込め育てられた桃は、大きさ・果皮の色・厳しい品質チェック・糖度センサーにより基準の糖度を超えた桃だけが当店に届きます。

出荷時、大切に育てられた桃を一つ一つ心を込めて選果しお届けいたします。

代表品種のご案内

  • あかつき 7月下旬〜8月上旬
    「白桃」と「白鳳」を交配させた品種で、1979年(昭和54年)に命名登録されました。サイズは250〜300gくらいで、糖度が高く果肉は緻密です。口当たりはなめらかで、しっかりとした歯ごたえもあります。

    まどか 8月中旬頃
    まどかは、あかつきの実生より選抜育成して生まれた品種です。独特の食味で、あかつきよりもやや硬めの果肉で糖度のたかい桃の品種です

    川中島白桃 8月中旬以降
    長野市川中島町で誕生した品種で1977年(昭和52年)に命名されました。重さ約250〜350gと大玉で、果肉がややかたく歯ごたえがあります。糖度が高いので、甘くて少しかための桃が好きな人におすすめです。

    ゆうぞら 8月下旬頃
    「白桃」と「あかつき」を交配した品種で、1983年(昭和58年)に登録されました。果重は250〜300g程度で、果肉は緻密で糖度がたかい晩生種の品種です。

    黄金桃 7月下旬〜
    「川中島白桃」の偶発実生として誕生した品種で、果皮・果肉ともに黄色い桃です(無袋栽培のものは果皮がピンク色になります)。サイズは300g前後で果肉はやわらかめです。強い甘味とほどよい酸味をお楽しみいただけます。

桃の歴史

桃は中国が原産で、中国では3000年以上前から食用として栽培されていました。ヨーロッパには紀元前にすでに伝わっており、ローマ帝国の書物にはいくつかの品種についても記されています。

日本に伝わった時期は定かではなく、全国各地の遺跡から桃の種が発見されており、縄文時代末期から弥生時代にはすでに食べられていたといわれています。記録としては古事記や万葉集などにも登場しています。本格的な栽培が行われるようになったのは、海外の品種が導入された明治時代になってからのことです。

桃の保存方法

  • 桃は室温に置いておくと果肉がやわらかくなるので、なるべく涼しいところにおいてください。かたい桃は新聞紙などで包み風通しのよいところで常温保存しておきます。冷やしすぎると甘味が落ちるので、食べる2〜3時間前に冷蔵庫の野菜室で冷やしてからお召し上がりいただくことをおすすめいたします。軽くふれて、やわらかみを感じれば食べ頃です。桃は傷みやすいので、早めにお召し上がりください。

9商品